宮本内科

大腸がん

このような症状はありませんか?

このような症状に
心当たりはありませんか?

上記の項目に心当たりのある方は要注意です。

大腸がんは男女ともに日本人の発症率の高い癌です。
気になる症状が見られる際は放置せずに当院までご相談下さい。
丁寧な診療と検査、適切な治療を行います。

大腸がんとは

大腸がんとは、大腸粘膜に発生する悪性腫瘍のことです。近年では食生活の変化や生活習慣が大きく影響し罹患率が上昇しています。大腸がんの約7割がS状結腸や直腸にできるとされ、良性のポリープががん化して発生するものと、大腸の粘膜細胞から直接発生するものがあります。ほとんどの場合は前者の良性のポリープが癌化して発生するものであるため、大腸ポリープの段階で切除し将来の大腸がん予防につなげることが重要です。初期の癌を放置し進行すると大腸壁の奥まで入り込みリンパ節を介して肝臓や肺などの他の臓器に転移してしまいます。早期発見をするためにも大腸がんを身近な病気として捉え、定期的に大腸の検査を行うことが大切です。

大腸がんの原因

大腸がんの原因としては、以下のようなことが挙げられます。

1. 生活習慣や食生活の影響

近年では、日本人の食生活が変化し動物性脂肪やタンパク質の過剰摂取、食物繊維不足が見られ、大腸がんの発症リスクが高まっています。また、過度な飲酒や喫煙などの生活習慣の乱れも大腸がんの発症リスクを高めます。このような生活習慣に当てはまる方はご自身の普段の生活をしっかりと見直しましょう。

2. 家族歴

大腸がんの原因として遺伝も関係すると考えられています。家族・身内に大腸がんに患った人がいる場合は大腸がんを発症する確率は高くなると考えられるので、そのような家族歴を認知し、検診などで定期的に大腸の検査をしましょう。

3. 慢性的な炎症性腸疾患

潰瘍性大腸炎やクローン病などの慢性的な炎症性腸疾患があると大腸がんリスクが上がることが明らかになっています。

大腸がんの検査方法

大腸カメラ検査

大腸がんの検査方法としては大腸カメラ検査が挙げられます。大腸カメラ検査とは、肛門から先端にカメラのついたスコープを挿入し、肛門から直腸・S状結腸・下行結腸・横行結腸・上行結腸・盲腸・回腸末端部 に異変がないかを調べる検査です。大腸カメラ検査中に病変が見つかった際は、その組織を採取し詳しい検査にまわしたり、ポリープが見つかった場合はその場でポリープの切除をすることができます。また、早期がんを切除したりすることもできます。大腸がんは大腸カメラ検査で早期発見をすることで、死亡率を格段に低下させることができます。少しでも気になる症状が見られたら早期発見の為に早めに大腸カメラ検査を受けて頂くことが大切です。

当院の大腸カメラ検査について

大腸カメラ検査には「苦しい」というネガティブなイメージをお持ちの方が多くいるかもしれません。
特に以下の二つの検査の阻害要因があると考えられます。

1. 肛門からスコープを入れることへの「痛そう」「辛そう」といったイメージ

2. 検査前に服用する下剤の量や味に対する抵抗感

この二つのネガティブなイメージを解消するため、当院では

などの工夫を施しております。当院にお越し頂く全ての方がご安心して大腸カメラ検査を受けられるような環境を整えておりますので、安心してご来院下さい。

心当たりのある方は当院までご相談下さい

なによりも一番大切なことは、病気の早期発見をし、適切なタイミングで治療を受けることです。大腸がんは特に初期症状が分かりにくい疾患なので、少しでも気になることがあったら当院までご相談ください。

予約はこちらから

当院は24時間WEBを導入しております。簡単にご予約できますので是非ご活用下さい。

WEB問診のお願い

当院では診察前に初診、再診ともにWEB問診をお願いしております。
来院前に体調や受診理由を知ることで、不要な待ち時間を短縮したり、診察時にさらに詳しくお話しを伺うことができるのなど質の高い診療を提供できると考えております。