宮本内科

大腸カメラ検査

このような症状に心当たりのある方は大腸カメラ検査をうけましょう

このような症状に
心当たりはありませんか?

上記の症状に該当する方は大腸カメラ検査を受けましょう。
大腸カメラ検査を受けることで、腸に関する疾患の詳しい診断や治療ができます。
お腹の症状は良くある症状ですが、その裏にリスクの高い病気が隠れている可能性があります。
些細な症状でも放置せずに当院までご相談ください。

大腸カメラ検査とは

大腸カメラ検査とは、内視鏡スコープを肛門から挿入し肛門から盲腸までの下部消化器官の粘膜を直接観察することのできる検査です。大腸カメラ検査では直接大腸粘膜を観察する事ができるので、直腸がん、大腸がん、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、大腸憩室炎、過敏性腸症候群などの消化器の病気の観察・診断が可能となります。また、疑わしい病変があり更に詳しい検査が必要な場合は、検査中に組織を採取し詳しい診断を行うことが可能です。ポリープが発見された場合はその場で採取することも可能です。ポリープは前がん病変のものもあり、早期に切除することで大腸がんの予防に繋がります。このように大腸カメラは正確性が高く非常に有効な検査ですが、校門からスコープを挿入することや下剤のイメージからネガティブなイメージを持たれている方が多いことも事実です。当院では初めて検査を受ける方も、以前検査を受けて検査に抵抗感を持たれている方にも、安心して検査を受けて頂けるように様々な工夫を施しております。

当院の大腸カメラ検査の特徴

1. 鎮静剤を使用した大腸カメラ検査

大腸カメラ検査は肛門からスコープを挿入することから、「痛そう」というイメージはありませんか?実際に2021年のオリンパスによる内視鏡検査の意識アンケートによると約69%の人が「お尻から内視鏡を挿入するのが つらいから・つらそう」だから内視鏡検査に抵抗があると回答しています。当院ではそのように検査が不安な方でも安心して検査を受けて頂けるよう検査の際は鎮静剤を使用しております。鎮静剤を使用することで、眠っている間に検査を終えることが出来ます。また、鎮静剤を使用することのメリットはそれだけに留まりません。鎮静剤を使用することで患者様の体の力が抜け、観察自体をスムーズに行う事が出来るため、検査の品質が向上します。大腸カメラに不安がある方はご相談下さい。

2. 日帰り大腸ポリープ

当院では、日帰りの大腸ポリープ切除を実施しています。大腸ポリープは前がん病変のものもあり、早期に切除することで大腸がんの予防をすることが出来ます。検査中に切除をすることが出来るので再度来院する必要はありません。

3. 内視鏡専門医による検査

当院では、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医である院長がすべての大腸カメラ検査を担当しております。これまで培った高度な技術や豊富な知識で精度の高い内視鏡検査をご提供いたします。患者様に寄り添った検査と結果説明、その後の治療まで一貫して対応しております。

4. 土曜日の大腸カメラ検査

大腸カメラ検査は通常1日を要する検査です。そのためお仕事や子育てで忙しい方はなかなか検査を受けることが出来ないという現状があります。当院では患者様の病気の早期発見、治療のために、1人でも多くの人に内視鏡検査を受けて頂く事が大切です。当院では、平日はお仕事が忙しくなかなか検査の時間を確保する事ができない方でも、検査を受けていただけるように、土曜日も大腸カメラ検査を実施しております。スケジュールの関係でなかなか検査を受けられないという方もお気軽にご相談下さい。

5. 院内での下剤服用に対応

大腸カメラ検査では、下剤を飲む必要があります。下剤服用の方法には「自宅下剤」と「院内下剤」の2つの種類があります。一般的な内視鏡クリニックでは、自宅で下剤を飲む方法がメインとなっています。自宅で下剤を飲む方法はリラックスした状態で下剤服用が出来るなどのメリットがありますが、一方で服用時にアドバイスを受けることが出来ず、仮に腸内の洗浄が不十分な場合は検査をスムーズに行う事が出来ない場合があります。それに比べ、院内での下剤服用はクリニックでアドバイスを受けながら下剤を服用することが出来るため、初めての方でも不安なく下剤を服用することが出来ます。

大腸カメラ検査で分かる病気

大腸カメラ検査は大腸(結腸と直腸)と一部の小腸までの下部消化器官を直接観察し、以下のような病気の診断をすることができます。

大腸カメラ検査の流れ

1. 事前診療と検査ご予約

診察

大腸カメラを受ける方は事前診察のため一度ご来院いただきます。医師から検査前日の食事制限や下剤服用、検査後の制限事項について説明し、その上で、検査のご予約をしていただきます。普段お薬を服用されている方は、検査前、当日の休薬となる可能性がありますので、お薬手帳や飲んでいるお薬をご持参下さい。

2. 検査の前日

検査前日

事前診察の際に、医師から休薬や服薬の指示があった方は、その指示に従ってください。検査の前日には食事制限があります。前日は朝食から腸管に残りやすいキノコ類、こんにゃく、根菜などは避け、できるだけ消化のよい食べ物を摂ってください。また、夕食は21時までに済ませて下さい。飲み物については透明で糖分を含まない水や薄いお茶でしたら飲んでいただいても構いません。

3. 検査の当日・ご来院

検査当日は来院いただき、腸を洗浄する下剤を飲んでいただきます。当院にはトイレ付きの下剤服用のための個室が2室あります。リラックスしながら服用頂けますのでご安心下さい。また、下剤はご自宅でも服用可能です。ご自宅で前処置をされる場合はお電話で確認ののち来院いただきます。ご来院の際は、検査時間の30分前にはご来院下さい。便の状態を確認し、検査着に着替えていただきます。

※検査当日は汚れてもよい服装でのご来院をお願い致します。
※当院では検査の際に鎮静剤を使用しますので、お車でのご来院はお控えください。

4. 検査

検査

便の状態を確認し、腸の洗浄が完了したら検査室までご案内致します。鎮静剤を注射し、ウトウトとした状態で検査を行います。ポリープが見つかった場合は、検査中に切除することも可能です。

5. 検査終了

宮本内科

検査終了後は個室のリカバリールームでベッドで休んでいただきます。30~60分程度お休みいただきます。

6. 検査結果の説明

検査の結果について、モニターを見ながら医師が丁寧に説明いたします。検査中にポリープの切除や組織の採取を行った場合は、検査後注意事項を加えてお伝えします。採取したポリープや組織の検査結果は、約2週間後に出ます。その結果説明のため、後日来院いただきます。

7. ご帰宅

検査後、約1時間は飲食を控えていただきます。検査後は前日からの食事制限や下剤服用の影響で低血糖を起こしやすい状態なので、糖分を摂取して頂くようおすすめしております。また、検査後の運動や飲酒はお控えください。検査中にポリープの切除を行った場合は、検査後も食事制限がございます。検査当日は豆腐やヨーグルトなどといった消化の良いものをとるようにしましょう。翌日に出血や腹痛などの症状がなければ、数日かけて徐々に普段通りの食事に戻してください。

大腸カメラ検査の料金

 1割負担3割負担
大腸内視鏡検査約2,500円約7,500円
大腸内視鏡+病理検査約3,000円約10,000円
大腸ポリープ切除術約8,000円約2~30,000円

お問い合わせ

大腸カメラ検査は大腸(結腸と直腸)と一部の小腸までの下部消化器官を直接観察する事ができます。大腸癌などのリスクの高い病気の早期発見に非常に有効な検査ですが、下剤などのネガティブなイメージから抵抗感を持たれる方も少なくありません。
当院では全ての患者様に不安なく検査を受けて頂けるようさまざまな工夫を行っております。また、内視鏡専門医・指導医が安心で精度の高い検査を提供します。「お腹が痛い」「血便がでた」などの症状がみられる際はお早めに当院までご相談下さい。

予約はこちらから

WEB問診のお願い

当院では診察前に初診、再診ともにWEB問診をお願いしております。
来院前に体調や受診理由を知ることで、不要な待ち時間を短縮したり、診察時にさらに詳しくお話しを伺うことができるのなど質の高い診療を提供できると考えております。